明日使える話題の豆知識2

あけましておめでとうございます。

西暦でいくと2020年代に突入しましたね。

いやー小学生頃に2000年代に入ってゆく時には意味もわからず感激しとりましたが、そっからもう20年とは

怖いような、これもまた感激できるような複雑な気持ちです。

湊游です。

 

前置きはさておき

今日も皆様に「話題」をお届けしてみましょう!

今日は明日以降、多くの方が仕事始め・新学期ということで、

(大学生だけはレポート提出とテスト週間の人が多いでしょうね、読む余裕のある人だけお読みください)

 

せっかくなので未来に目を向けた話題にしましょう。

今回は2020年流行るモノ】です!

うーむとは言っても色々ありそうですね。

ですので色々な記事を見てきました。

で、結論をつけました。

 

ズバリ今年流行るのは

「パブリックビューイング」

と予想します。

 

すごーくザックリと言えば

「一箇所に集まって大きな画面をみんなでワイワイ視聴する」

ということですね。

 

スポーツ観戦が最もイメージしやすいでしょうか。

スポーツ以外ですと、式典中継、そして一部音楽イベントなんかも時々実施されております。

パブリックビューイングの有用性はサッカーやラグビーのワールドカップで去年までにしっかり実証されました。

 

そして今年は、

 

東京五輪

オリンピック&パラリンピック

 

でございます。

これは盛り上がるでしょう。パブリックビューイング

今年は来ますよ。パブリックビューイング

 

 

さてさて、ここから今日は考察の時間を入れます。

ここからは複雑になりますので、追記で詳しく進めてみます。

また、恐らく23回と記事が連続します。更新は1週間ずつ進めますね。

長すぎても読みにくいので

 

あっ!

ちゃんと新年最初の豆知識も入れておきましょう。

今年の流行色は「ヒューマンレッド」との事です。

五輪を盛り上げる豊かな感情、行動力。身体の躍動やスポーツの高揚感。がキーワードらしいですよ!

どんな色か?

色彩表現としては「ビビッドレッド」です。

わかりやすーく言うと「真っ赤」です。

真っ赤っか。

と、取り入れられるかなぁ

 

さらに豆知識。

2019年の色は新元号へのフレッシュさと未来への期待を込めた「オレンジ」だったとの事。

選定しているのは日本流行色協会です。

 

 

※今回の参考など、リンク先

 

 

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/feature/00025/

日経クロストレンドより

https://www.jafca.org/

日本流行色協会(JAFCA)公式ページ

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、追記に来られた方はこちらから

続きです。考察です。

「一箇所に集まって大きな画面をみんなでワイワイ視聴する」

これ、よく考えたら当日の会場もそうですよね。見ているものが画面か実物かだけの違い。てか画面も絶対にあるでしょう、会場に。

 

そうなんです。

そもそも、イベントやパフォーマンス、あるいはライブや試合・競技そのものがパブリックビューイングの性格を持ってるんです。

 

じゃあ何が違うの??

まずどちらも同じ部分は「時間」の共有です。リアルタイムということ。

これは同じ部分。

ところが「時間」は共有していながら、パブリックビューイングは「空間」が違う。

実際の会場とそれ以外のどこか。

ここが、重要です。

 

パブリックビューイングは「空間」を共有していないのか。

いいえ、共有しているんです。たくさんのパブリックビューイングに集まった人々と一緒に。

共有しているんです。

ところが、それが【擬似的】なんですね。

ある種「バーチャル」なのです。

会場ではない別の「空間」

 

うむむむむ?

時間?空間??

話が大きくなってきました!

ということで、今回の記事はここまでで止めましょう。

この続きを次回記事で進めてゆきます。

追記までお読みくださり、ありがとうございました。