メル・ロビンズに学ぶ、やる気が出ないときにやる気を出す方法

 こんばんは、うえみーです。

 どんなに頑張り屋さんな人でもなんにもやる気が出ないときってないですか。

 今回はうえみーも実践してる、やる気がない時にやる気を出す方法を書いてみようと思います。

 それは「5秒数えたら始める」。

 だらだらして仕事をやらない理由は、むりやりな理由をつけて先延ばしにしてしまうからです。

 アメリカの講演家メル・ロビンズの「5 second rule」によると、これは脳の命を守るための防衛機能によるものと言われています。脳には危険を避けるために行動を制御する機能があります。5秒以上考えると脳はやらなくて良い理由を考え出してしまい、その行動を制御します。

 だから、考えるのでは無く、5秒数えたら強制的に行動してしまうのがいいのです。

作業を始めてしまうと、それを完成させたくなって続けたくなります。

 ぜひ日常に取り入れてみてはいかがでしょうか。