才能を投資する話

今日は豆知識ネタの投稿もイマイチだなと言う感覚があって、以前FaceBookで書いていた思考ネタから引っ張り出してきて書きます。(グダグダ徒然回注意だよ!)

 

才能を投資する

 

これ、どういうことかと言うとですね。

最近は「貯金してもお金は全然増えないから増やしたいなら投資しましょう」という意見がありますよね。

割とこれはもう結構当たり前の感覚として世間に落とし込まれてきたかなと思うんですが、今日ここから書きたいのはお金の話ではありません。

 

といいつつも、才能とか個性とか能力とかざっくりそういう概念のもの全般も実は同じことだと最近思うようになりました。

つまり「自分の中に貯めこんでいても全然増えない」んですよ。

それを増やす、伸ばすためには、それらを人前や、社会や、世界に出すしかないと思うようになりました。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

あの、言っときますが根拠は全くありません(笑)

色んな人と喋って、本や表現媒体を見た上で勝手に感覚的にぼやいているだけです(❕❕)

でも28歳で令和時代を生きている自分からしたらもう、そうとしか思えないんですよね…。

 

でね、

話はここからまだ続きまして、

 

実際お金ですら投資している人はまだそこそこですよね。まだまだ日本人は貯金勢力多いかなと思います。(肌感覚ですよ)

ただし、そこには年齢的な偏りがあることは間違いないですよ。高齢化社会の人口分布を考えた上で、「投資という時間的なリターン」を求めるのは「自分に時間的な猶予がある人」ですから。

その前提を書いたうえで、自分より若い人たち、25歳以下くらいの人たちに特に伝えてみたいかな。

 

「自分の才能を貯金しっぱなしじゃありませんか?」

 

才能(個性)はそう簡単に他人が盗めるものではありません。

才能(個性)はある一点を除いて減りません。

 

ただ、増やす(伸ばす)ためには人前や、社会や、世界に出すしかありません。

その過程では望んでいない評価で才能が傷つく時もあるかもしれません。

しかし、傷ついても才能は回復させることが可能です。そこから回復する時により強く、美しく、数多くなることが多いです。

 

ただ、そうやって伸びてゆく才能は、一点だけ注意事項があります。

「何もせずに年齢がたつと減ります」

貯金と似ているんですよ。仕事をしたり、バイトをしたり、投資して還元されたり、モノを売ったら、貯金は増やせます。

でも何もしていなかったら貯金って確実に減るでしょ?ここなんですよ。

ちなみに磨き続けられた才能は何歳になっても形変えて伸び続けると、私は思っています。

 

だから若い人はどんどん人前での経験をもって伸ばす、増やすに限るんじゃないかなぁと思います。「損したくない損したくない」って貯金思考になっていっちゃうのはなんだかとてももったいない。

「損したくない、失いたくない」なんてことは一旦忘れて

「これを得たい、こうなりたい」でガンガン突き進んでたくさん獲得してほしいなと思います。

私もまだまだぴちぴちの28歳!若いのでどんどんチャレンジしていこうと思いますよー!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

しかしです。

自分が壊れてしまうような負荷は厳禁です。

才能は復活するものですが、折れた心は治りません。消えた命は戻りません。

ここだけは必ずどこかに頭のどこかに抑えておいて欲しいのです。

自分が壊れる前にはしっかり撤退しましょう。撤退は思っているよりもはるかに難しいものです。

撤退する時はたくさんの人と話しておいて、できる限り協力と援護射撃してくれる人を作っておいた方が良いと思います。

人間は撤退する時に失敗して敵を増やしちゃうことが多い存在です。これは何歳になってもそうだと思うので…。

以上、今日はアラサーぼやき劇場でしお届けしました。ではまた今度!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください