頑張れ、現代の若者

昨日は反省に反省を重ねたイルギです。(昨日のブログはこちら
今日なのですが、たまたま一日フリーになる日でして自分を見つめ直すと言うか、溜めてたこととかを一つずつクリアしていました。すると

頭がクリアに!

そりゃそうか笑
でも、ちゃんと何もない一日を作るのはここ数ヶ月で久しぶりだったからとても有意義でまだ今日がこのブログを書いてる時に半分残ってることを考えるとなんか最高やないかい。

教師として

優秀だなと思った生徒が何人もいた。それは優秀だから人として良いとか悪いとかでは全くない。が、彼らはうまいこと色々やれてる。そのうまいことをやれてる理由というのが共通して素直、で自分で考えて行動する。というわけで

昨日の反省したことを素直にやってみた

つまり、とにかく今日一日テキパキ動いた。テキパキしまくって、しまくって感じたのは、これって時間の貯金してるよなあと。
例えば、明日のご飯を今のうちに作るのも時間の貯金じゃん?
明日やろう、明後日やろうと思うことを今やるのも貯金じゃん?
んで、今日そのものがそれだけだと味気ないから、とにかく朝からテキパキしてたら午後は遊んでもお釣りくるで、と思って遊ぶ。
なんだかこのやり方が私にはとても合っているようだ。

欠かせないアイテム

それはスマホ。高校生も大人もよくスマホがあると仕事に集中できないという声を聞く。おいおい、時代を感じるんや。こんな便利なアイテム、作業効率にしっかり使わないと。
to do リストとしてスマホは大いに活躍してくれている。スマホはついつい見てしまうやろ?だからこのリストを作成してスマホを開くたびについでに見るようにする。こうすると、あ、これしないとな、と思って、遊ぶのを防いでくれる。
パソコンは文章を長く打つにはとても良いし、生産的だ。スマホだと目が痛くなりやすいし、手首も痛い。

演劇とは打って変わって

日常は生産的に行動をしないとうまくいかないなと。これは俳優生活2年目の私の発見であるが、この切り替えを成功しないとずるずる楽しいだけの日々に依存してしまうのではなかろうか?演劇は非生産的である。その切り替えを大事に。頑張れ、現代の若者。

前の記事

この年齢で痛感するとは

次の記事

次回公演情報!